<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

読書

社内報の自己紹介で趣味のところに「読書」と書いたら
そんなわけないやろ、うそつきと言われた。

まあ、趣味って考えたら、最近音楽も聞いてないし、
登山は富士山だけだし、ウェークはそんなにしてないし、
バーベキューもしてないし、そもそも食い物関係を
書くとだからだよって言われそうだし、Hなことも書けないし、
テレビも趣味とは言えないし、ドライブもしてないし、
スキーは趣味の域を超えてるし・・・・
で、落ち着いたところが「読書」でした。
ちゃーんと考えた結果なのです。

では、何を読んでるか?今年読んだ本を紹介

「チーム・バチスタの栄光」(海堂 尊) 会長お勧めの本
 田口、白鳥のコンビが面白い
「螺鈿迷宮」(海堂 尊) 同じシリーズ
「相棒」 何巻か忘れたけど1冊読んじゃいました。
「ナイチンゲールの沈黙」(海堂 尊)
「ジェネラル・ルージュの凱旋」(海堂 尊) この2冊で完全にはまった!
「細菌no.731 」(霧村悠康) アイデアいいね。
「告白」(湊かなえ ) こっぱお勧めの本 面白い止まらなくて一気読み
「少女」(湊かなえ )続けてもう一冊読んじゃいました。
「竜の棺」(高橋克彦)学生の頃だったか一回読んだ本だけど
 続きを発見したので読み返すことに。何回読んでもすごい発想
「新・竜の棺」(高橋克彦)でこれが続きすごい展開に、そして
「魂の棺」(高橋克彦)そんな展開に?ここまで3シリーズとも上下巻6冊
   しんどかった。でも最高に面白いよ。303お勧め!
「1Q84」上下(村上春樹) よくわからんね。けどヤナーチェクのCD買っちゃいました。
   そういえば2巻から読んだ人も・・・
「ブラックペアン1988」(海堂 尊) 時代は1Q84からそのまますんなりと・・・
「赤い指」(東野圭吾)
「終末のフール」(伊坂幸太郎)3年で死ぬとわかればなにをする?
  それぞれ短編で読みやすい。
読み終わったのはこんなところ

現在読んでる本
「イノセント・ゲリラの祝祭」(海堂 尊)相変わらずはまってます。
「火天の城」(山本 兼一)だらだら読んでる。
今日から読もうとしてる本
「火車」(宮部みゆき) なんかうちの事件に似ていそうだから買っちゃいました。
  ちこちゃんにも読んでもらおう!ふふふ、わかるよね・・・

そう、303の変な読み方。常に2~3冊読んでること
最近こんな読み方になっちゃった。

ね、ちゃんと読書してるでしょ!
[PR]

by iyashiokimono | 2009-10-29 23:29 |