カテゴリ:山( 6 )

 

讃岐富士 うどんレポート4付き

念願の讃岐富士を登ることに。
一緒に登ったのは、Mさん夫妻、Mさんは同じフロアーの隣の会社。
駐車場で登山の話をしていると、それなら足慣らしに讃岐富士を登ってみますか・・・という事に。

e0116542_05574.jpg
見えてまいりました。
讃岐富士。本当の名前は飯野山、標高421.9m1時間ほどで登れる山です。

登る前にちょっと腹ごしらえ。
e0116542_09463.jpg
はい、うどんレポート4
歩(あゆみ)です。
讃岐富士の周りには有名店が多いいのですが、すぐふもとにあるここで食べることに。
登る前なので、控えめにぶっかけの小をチョイス。
こしが強く美味いです。皆の注文聞いているとほとんどがとり天うどんをたのんでます。
しまった・・・ココはとり天が有名なんだ、でも今日は登山が目的、また来ようと思いながら
店を出ます。

e0116542_0263795.jpg
登山口です。
いきなり階段が続きます。なまった体に鞭打って登っていきます。
階段はヒザが直ってないのでかなり痛みます。
e0116542_0303953.jpg
階段を抜けると
こんな道が後は山頂まで続きます。
思ったより急勾配でうどんが出そうになります。
あっ、そうそう、ちょろいと思ってたから、背中に5キロのウェイトを背負っています。
ちょっと後悔。

e0116542_0352330.jpg
M夫妻。軽々登っていきます。
e0116542_037240.jpg
眺めはいいです。
45分ほどで山頂到着
e0116542_0383165.jpg
思ったより体がなまっているのと体重増で結構きつかったです。
下りはあっという間に下りて
e0116542_0405998.jpg
最後はこうなります。
e0116542_0414473.jpg
一鶴です。
今日は若鶏を食べてみました。やわらかくてこれまた美味いです。ビールにぴったりです。

こんなんで本当の富士山登れるのか・・・?
ちょっときたえなきゃ!やばいです。
[PR]

by iyashiokimono | 2009-05-24 00:48 |  

今年の富士山は・・・

残念ながら大雨のため中止にしました。

と、言うことで、周辺観光?旅行に・・・・

今回は電車の旅にしました。
快速マリンライナーの車窓から瀬戸大橋です
e0116542_23343175.jpg
あとは岡山から三島まで新幹線であっというまです。
三島からどうしようか考えていると、時之栖という温泉に行く無料バスが
あるじゃないですか、とりあえず温泉にでもつかってゆっくりすることに。
7時にりゅうさん、クロちゃんと合流。協議の結果登らないことに決定!
時之栖の御殿場高原ビールで宴会することに決定!
e0116542_23465420.jpg
こんなになっちゃいました。
ここは料理が美味くて、ビールが最高に美味い!
e0116542_2348256.jpg
e0116542_23484216.jpg
ストッパーがいないためやり切りました。
べろべろになった後また温泉に入って
また飲んで今日はここに泊まることに。

次の日一応5合目を目指したんだけどどしゃ降りの雨。
下りてお宮横丁でこんなことに
e0116542_23525275.jpg
e0116542_23532142.jpg
激辛焼きそばなぞ食って、ビール飲んで・・・
後は三島でぶらぶらして早めに帰ることにしました。
これは大正解!
この後の新幹線は大雨で運転中止だと。
いまだに新幹線の中で寝てる人がいるらしい。

登れなかったのは残念だったけどこれはこれで楽しかった。
りゅうさん、クロちゃん、ありがとう。
また、遊ぼうね。
[PR]

by iyashiokimono | 2008-08-25 00:01 |  

富士山帰路編

帰りは、またもやお宮横丁でマスバーガーやら焼きそばやら食って、関東組とお別れです。
そこからまたどーじんと2人旅。しかし2人ともかなりお疲れモードで姫路に着いたのが朝となりました。ここでどーじんともお別れして、後は1人旅です。ここから朝割りを使おうと思い、100キロを計算、出口ポイントは早島インターとなりました。眠いのを我慢して、ようやくたどり着き
そこで一旦降りてまた乗る計画・・・が、乗ったら四国方面が無い・・・
そのまま自動でUターンして倉敷に下ろされました。なぜ四国方面が無いのか。。。。
もったいないから倉敷で迷子になりながら、下道を早島まで走ったらその訳がわかりました。
早島インターはちょうど瀬戸中央道と山陽道の境目、なんとここは、料金所が2つあったのです。山陽道の入り口は、中国方面のみ、瀬戸中央道の入り口は、四国方面のみ、ののり口しか無いのです。会社が違うとはいえ無駄ー!
同じ数の料金所に同じ数の職員が無駄ー!
で迷子になった303でした。
[PR]

by iyashiokimono | 2007-08-30 20:30 |  

富士山西日本編2

e0116542_1838080.jpg303の富士登山は、今回で4回目になります。
その中でも今回の御殿場口というのは、昨年の倍の距離。
富士登山コースの中でもっとも長い過酷なコースです。


e0116542_18385833.jpgクロちゃんと出発前。
さて、25日(土)の夜、関東組、ゲンさん、りゅうくん、クロちゃん、K姉妹と合流し、計7名で、午後8時に出発、とりあえず7合目を目指します。この間山小屋は一切無く砂地のコースがだらだらと続きます。7合5勺の小屋に着いたのが午前2時、長かった~!ここで、りゅうくんは、アタックをかけると言い出しました。アタックって何だ?この人はやっぱりおかしい、余力はあるもののこの人について行ったら絶対死ぬと思い、だらだらと登る人を探しました。しかしなんと、ゲンさん、どーじん、クロちゃん、K妹、がリタイヤ表明!さらにK姉はりゅうくんと登ることに、どうする303・・・、しかし上には行きたい、しかたなくアタック?をかけることに。
りゅうくんの目標はとにかく山頂ご来光みたいです。背中がだんだん明るくなるにつれあせるりゅうくん、アタックってこのことだったんだ!日の出寸前には休みも無しで登り続ける。しかもペースもあがってる。K姉は若さでついていってる。もう死ぬ~!てところでご来光!
e0116542_19122367.jpg

山頂には間に合わなかったけど、美しい日の出はゲット!
りゅうくんは、少しでもご来光に近づきたくて一人こんなところで見てます。
e0116542_19484865.jpg

そしてアタック隊3人で記念撮影
e0116542_19495790.jpg

そのまま山頂まで登りきりました。山頂にはすごい数の人ですが、その中でも御殿場口から登ったこの優越感はたまりません。俺達は違うのだと・・・
e0116542_1956035.jpg

ここまできたら、せっかくだからお鉢も回りました。りゅうくんのもう一つの目標は一番高い剣が峰の展望台でビールを飲むこと。これも3人でクリアーし下山へ。
e0116542_2042488.jpg

下りはいきなり忘れていた膝の痛みがやってきました。岩場はダイレクトに膝に負担がかかるのでたまりません、大丈夫かと思ってるとこで、ゲンさんたちと合流。そこからは砂走りといって砂のなかを走り下ります。やわらかいのでしばらくすると膝も痛くなくなり、楽しく下りれました。
e0116542_20122047.jpg

とにかく4回目も無事登頂成功しました。これも足りないりゅうくんのおかげと感謝しております。
しかし、このメンバー達と遊ぶとホント楽しいですね。また来年も登ろうと心に誓い、後にしたのでありました。一緒に登った皆さん、ありがとう。
[PR]

by iyashiokimono | 2007-08-29 20:20 |  

富士山西日本編1

今年の富士登山隊、愛媛組は、わたくしのみ、
24日(金)の晩に一人で出発です。
姫路でやっとどーじんに合流、どーじん号に乗り換えて
富士山を目指します。
早朝に近辺に到着し、どーじんと迎える1回目の朝日・・・・微妙ぉー!
それから富士宮市に上陸し、富士山本宮浅間大社で登山の無事をお祈り
e0116542_22171378.jpg

で、そのすぐ近くにある前からお目当てであった、お宮横丁で腹ごなし。
e0116542_22263367.jpg

これは虹鱒を使ったマスバーガートマトバジル味と辛みそ味
どちらも美味いです。
e0116542_22293827.jpg

で、こちらは有名な富士宮焼きそば、もちっとしててなかなか美味しい。
後は温泉に入ってまったりし、仮眠を取ったりお土産買ったりぶらぶらして
関東組を待ったのでした。
e0116542_22342423.jpg

これ、ちこちゃんへのお土産。かわいいでしょ。

続く
[PR]

by iyashiokimono | 2007-08-28 22:36 |  

富士山

御殿場口、登頂成功でした。
かなりの優越感!

まずは報告まで。
[PR]

by iyashiokimono | 2007-08-27 21:36 |