富士山帰路編

帰りは、またもやお宮横丁でマスバーガーやら焼きそばやら食って、関東組とお別れです。
そこからまたどーじんと2人旅。しかし2人ともかなりお疲れモードで姫路に着いたのが朝となりました。ここでどーじんともお別れして、後は1人旅です。ここから朝割りを使おうと思い、100キロを計算、出口ポイントは早島インターとなりました。眠いのを我慢して、ようやくたどり着き
そこで一旦降りてまた乗る計画・・・が、乗ったら四国方面が無い・・・
そのまま自動でUターンして倉敷に下ろされました。なぜ四国方面が無いのか。。。。
もったいないから倉敷で迷子になりながら、下道を早島まで走ったらその訳がわかりました。
早島インターはちょうど瀬戸中央道と山陽道の境目、なんとここは、料金所が2つあったのです。山陽道の入り口は、中国方面のみ、瀬戸中央道の入り口は、四国方面のみ、ののり口しか無いのです。会社が違うとはいえ無駄ー!
同じ数の料金所に同じ数の職員が無駄ー!
で迷子になった303でした。
[PR]

by iyashiokimono | 2007-08-30 20:30 |  

<< 珍客 富士山西日本編2 >>