富士山西日本編2

e0116542_1838080.jpg303の富士登山は、今回で4回目になります。
その中でも今回の御殿場口というのは、昨年の倍の距離。
富士登山コースの中でもっとも長い過酷なコースです。


e0116542_18385833.jpgクロちゃんと出発前。
さて、25日(土)の夜、関東組、ゲンさん、りゅうくん、クロちゃん、K姉妹と合流し、計7名で、午後8時に出発、とりあえず7合目を目指します。この間山小屋は一切無く砂地のコースがだらだらと続きます。7合5勺の小屋に着いたのが午前2時、長かった~!ここで、りゅうくんは、アタックをかけると言い出しました。アタックって何だ?この人はやっぱりおかしい、余力はあるもののこの人について行ったら絶対死ぬと思い、だらだらと登る人を探しました。しかしなんと、ゲンさん、どーじん、クロちゃん、K妹、がリタイヤ表明!さらにK姉はりゅうくんと登ることに、どうする303・・・、しかし上には行きたい、しかたなくアタック?をかけることに。
りゅうくんの目標はとにかく山頂ご来光みたいです。背中がだんだん明るくなるにつれあせるりゅうくん、アタックってこのことだったんだ!日の出寸前には休みも無しで登り続ける。しかもペースもあがってる。K姉は若さでついていってる。もう死ぬ~!てところでご来光!
e0116542_19122367.jpg

山頂には間に合わなかったけど、美しい日の出はゲット!
りゅうくんは、少しでもご来光に近づきたくて一人こんなところで見てます。
e0116542_19484865.jpg

そしてアタック隊3人で記念撮影
e0116542_19495790.jpg

そのまま山頂まで登りきりました。山頂にはすごい数の人ですが、その中でも御殿場口から登ったこの優越感はたまりません。俺達は違うのだと・・・
e0116542_1956035.jpg

ここまできたら、せっかくだからお鉢も回りました。りゅうくんのもう一つの目標は一番高い剣が峰の展望台でビールを飲むこと。これも3人でクリアーし下山へ。
e0116542_2042488.jpg

下りはいきなり忘れていた膝の痛みがやってきました。岩場はダイレクトに膝に負担がかかるのでたまりません、大丈夫かと思ってるとこで、ゲンさんたちと合流。そこからは砂走りといって砂のなかを走り下ります。やわらかいのでしばらくすると膝も痛くなくなり、楽しく下りれました。
e0116542_20122047.jpg

とにかく4回目も無事登頂成功しました。これも足りないりゅうくんのおかげと感謝しております。
しかし、このメンバー達と遊ぶとホント楽しいですね。また来年も登ろうと心に誓い、後にしたのでありました。一緒に登った皆さん、ありがとう。
[PR]

by iyashiokimono | 2007-08-29 20:20 |  

<< 富士山帰路編 富士山西日本編1 >>